• 2020.03.28

    期間・数量限定セール 『SPECIAL OFFER』

    特価品追加・更新中!

  • 2020.02.15

    スタジオコンソールの金字塔であるSSLが遂にオーディオインターフェイス市場に参入!!SSL2 / SSL2+販売開始!

    業務用コンソールのデファクトスタンダード、Solid State Logicからオーディオインターフェイスが登場!

  • 2020.03.11

    【数量限定】XLN Audio Addictive Drums 2が50%オフ!

    XLN Audio Addictive Drums 2 / Addictive Drums 2 Customが数量限定で50%オフセール!完売次第セールは終了となります

  • 2019.11.21

    KRK Rokit 5インチモニター最終在庫を当店が確保!各色在庫限りの最終プライス!

    KRKの大人気モニターRokitシリーズの第三世代モデルの最終在庫を当店にて確保しました!!実現不可能だった最終プライスで大セール中!

  • 2020.03.28

    Wyred 4 Sound 高級オーディオケーブル各種、在庫限りで50%オフ!!

    ハイエンド・オーディオブランドのWyred 4 Sound各種オーディオケーブルを当店在庫限りで50%オフで販売中!USB / RCA / XLR各種タイプとメートル違いの長さラインナップをご用意しています

  • 2020.02.13

    タッチスクリーン搭載、RGB16パッドの最新・スタンドアローン MPC、AKAI MPC ONE販売開始

    数ある音楽機材の中でもMPCだけが持つ独自性、制作&パフォーマンスツールとしての出立。現代の技術を結集した最新のMPC、MPC Oneがリリース。

2020年 04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2020年 05月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
新製品・プロモ情報など o-vision.jp

トップ > DTM/DAW > プラグイン音源 > UVI Falcon 2

UVI Falcon 2
UVI Falcon 2
拡大画像

UVI Falcon 2

※本製品はライセンスナンバー書面印刷のみの簡易パッケージ販売となります。
※製品データはお客様ご自身でダウンロードしていただきます。インストールディスク・製品ボックスは付属致しません。
※ライセンスソフトウェアという性質上、ご購入後のキャンセル返品はご遠慮頂いております。予めご了承くださいませ。

クリエーティブハイブリッドインストゥルメント

  • 16オシレーター、90以上のエフェクト、モジュレーションソース、スクリプト編集可能なMIDIプロセッサーによる高度なセミモジュラー型のサウンド デザイン環境
  • タイムストレッチ、ピットシフト、スライス、グラニュラーを装備した先進的なサンプルエンジン
  • 減算、PM、FM、ウェーブテーブル、加算、フィジカルモデリング合成のピュアシンセオシレーター
製造元 : UVI
価格 : 38,500円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上のお買い物で送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

※本製品はライセンスナンバー書面印刷のみの簡易パッケージ販売となります。
※製品データはお客様ご自身でダウンロードしていただきます。インストールディスク・製品ボックスは付属致しません。
※ライセンスソフトウェアという性質上、ご購入後のキャンセル返品はご遠慮頂いております。予めご了承くださいませ。


 


無限の可能性を持つ強力なハイブリッドシンセサイザー

サンプルとシンセモジュールの組合せ、無数のモジュレーションとエフェクト処理を実現した史上もっとも多彩で洗練されたハイブリッドインストゥルメント


Falconは限界を知らない先進的なハイブリッドインストゥルメントです。多数の最先端オシレーター、エフェクト、モジュレーターとイベントプロセッサーを装備し、洗練された適応型のワークフローと高度なスクリプト編集によるサウンドデザイン環境をご提供します。Falconによる比類なき高精度のサウンドマニピュレートは、シンプルなサンプルスライスやシンセデザインからモジュレーションを贅沢に使用したマルチティンバーハイブリッドサウンドまで、アイディアの赴くままおこなうことが可能です。


幅広いサウンドソース

自由なサウンドソースミックス - サンプルベースのオシレーターのみならず、ピュアシンセオシレーターも一般的なサンプラーのようにキーゾーンやグルーピングして扱うことが可能:
― サンプル単位でタイムストレッチ、ピッチシフトあるいはIRCAMのグラニュラー処理ができます。加えてループ素材はスライス可能で、Sliceオシレーターでチョップをしてノート割当てをして演奏することも可能です。
― バーチャルアナログ、ウェーブテーブル、フェイズディストーション、FMや加算合成、Pluckオシレーターによるフィジカルモデリングを含む9つのピュアシンセオシレーターもサンプルと同列に扱うことが可能です。

 

一味違う強力なエフェクト


90を超える高品位エフェクトがオシレーターサウンドを高度に彩り、完璧な仕上げをサポートます。ディレイ、リバーブ、モジュレーション、フィルター、アンプ系、歪系、ダイナミクス、解析系など、すべてのエフェクトモジュールはカテゴライズされ、必要なエフェクトを必要な場所に追加できます。プリセットレベルやセンドバスはもちろん、ノートごとに適用することも簡単で、容易に差替えることも可能です。内蔵エフェクトには定評のSparkvarb、Thorus、最適化されたコンボルーション(IR)リバーブなど、単体プラグインと遜色のないものが用意されています。
 

モジュレーション

豊富なモジュレーションソースを所構わず、数を気にすることなく扱えるのもFalconの大きな魅力です。シンプルなAHD、Attack Decay、Drunk、アナログタイプのADSR、多段のDAHDSR、クラシックとパラメトリックLFO、自由なモジュレーションを描くマルチとステップエンベロープがお好みのパラメーターにお気に召すままの動きを加えます。オシレーターやエフェクトはもちろん、他のモジュレーターなどFalconのほぼすべてに適用可能で、よく使うパラメーターをマクロパネルに配置して、明解な直観操作やワンノブコントロールによるダイナミックな演奏パフォーマンスに役立てることも可能です。


イベントとスクリプト編集

Falconのイベントプロセッサーは発音段の前にあり、受取ったMIDI情報をアルゴリズムに従った解析または処理をします。発展型のアルペジエーター、ドラム、ベースラインとユークリッドシーケンサー、マイクロチューナー、コードプロセッサー、ハーモナイザー、ストラムシミュレーター、MIDIファイルプレーヤー、ユニゾンやシェパードエフェクトがファクトリープロセッサーとして用意されています。そしてシンプルで強力な開発言語でLUAによるご自身のプロセッサーを作成してFalconを拡張することも可能です。
 

ワークフロー

多彩なFalconを快適かつ的確、そして高度に扱うためにワークフローも疎かにしません。自由なサイズ変更に対応したFalconの応答型HiDPIインターフェイスは、広範囲に配置されたモジュールやパラメーターから目的のタスクに集中できるように設計されています。ツリービューを活用することで、音色のあらゆる段階にジャンプすることが可能です。内蔵ブラウザーは、ファイルやお好みのプリセット、さらにはモジュールを素早く見つけ、より高い効率性をもたらします。新バージョンではユーザーテンプレートやモジュレーションクイックビューがさらなるスピードアップをサポートします。常識に囚われることなく、Falconをご自身の作法に合った扱い方ができます。すべてはより素早く、より快適、そしてよりパワフルに。
 
 

 

オシレーター

Falconには、16のオシレーターが装備されています。シンプルなサンプル再生からPluck、Wavetable、IRCAM Multi Granularなどの先進的なものまで、幅広いシンセサイジングに対応します。
Falconの注目すべき機能の1つに、異なる種類のオシレーターを重ねて独自のハイブリッドインストゥルメントを構成できることがあります。このことで、サンプルベースのオシレーターにアルゴリズムによって生成したサウンドを組み合わせて音色を形成することができます。重ねられるオシレーターの数と組み合わせに制限はありませんので、コンピューターの処理能力が許す限り、イマジネーションの赴くまま、重ねることができます。

サンプリング オシレーター

Falconのサンプルオシレーターには、フル機能の波形エディターが装備されています。このことで、外部のエディターに移ることなく、波形編集がおこなえます。クロップ、ノーマライズ、サイレンス、リバースやフェード、あるいは選択範囲に対してのFalconエフェクトのオフライン処理も可能です。また、複数ファイルのバッチ(一括)処理もできます。
 

エフェクト


90以上の高品位エフェクトを装備します。これらのエフェクトは、扱いやすいようにDelay、Reverb、Modulation、Filter、Equalizer、Amps and Stereo、Drive and Distortion、Dynamics、Analysisなどにカテゴリー分けされています。この中には定評のUVIエフェクト:ディレイ、リバーブ(Sparkverbや低CPU消費のコンボルーションリバーブ)、コンプレッサー、バイナルエフェクトやリサンプリングプロセッサーなどが有用なプリセットともに用意されています。これらのエフェクトは、サウンドデザインから、ミキシング、解析まで、クリエイティブワークからマスター処理まで、Falcon上でのあらゆる作業に適しています。
Falconにはエフェクトセンドバスが装備されています。マスター出力とミックスするセンドバス以外に、プログラムパッチレベルのセンドバスも別系統で用意しています。このセンドバスは、レイヤーあるいはノートレベルで送ることも可能で、自由なアプローチでサウンドあるいはインストゥルメントを構築することができます。さらにEffectRackを駆使して、オリジナルエフェクトを作成することができます。ラック内ではエフェクトの並列処理も可能で、マルチバンドディレイやディストーション、あるいはその他のパラレルエフェクトも不可能ではありません。構築されたラックは、専用のマクロコントロールで、複数パラメーターを扱うこともできます。オリジナルの”ワンノブ”エフェクトで、パフォーマンスを彩るのも一興です。
 

イベント

Falconのイベントセクションは、発音前段のデータのコントロール、解析、あるいはMIDI情報の生成をおこないます。イベントプロセッサーは、入力ノートに対するアルペジエーション、ギター演奏のようなストラミング、マイクロチューニング、MIDIファイルの再生、あるいはクリエーティブなシーケンスジェネレートなどを可能にします。
スクリプトプロセッサーは、LUA言語によるユーザー自前のMIDIプロセッサーモジュールを可能にし、独自のイベント処理に使用します。
 

ファクトリーコンテンツ


Falconには業界屈指のサウンドデザイナーによる1000を超える魅力ある音色が、ファクトリープリセットとして付属します。クラシックシンセシス、パーカッション、フィジカルモデリング、サンプルベースのグラニューラーサウンド、ハイブリッドマルチオシレーターまで、あらゆるカテゴリーの音色を網羅します。合計1000を超える即戦力サウンドのプリセットは様々なジャンル、スタイル、カテゴリーを網羅し、その洗練されたプログラミングはユーザープリセットの基礎としても扱いやすい設計になっています。
カテゴリー分けされたFalconのファクトリーサウンドは、洗練されたファイルブラウザーで即座に目的のものを見つけることができます。どのプリセットもカスタマイズされたマクロコントロールで、その深層にアクセスすることなく、操作できます。演奏しながら操作はもちろんのこと、ミックスに対しての微調整をおこなうことも可能です。もちろん、画面を切り替えての深層エディットで、納得いくまで完璧に調節することも不可能ではありません。ファクトリーサウンドは、即戦力とオリジナルサウンドデザインの基礎の両方に主眼をおいています。 




仕様
Windows インストーラー:600MB、Mac DMG(ディスクイメージ):564MB
ファクトリーライブラリー:998MB(圧縮UFSサイズ)
ライセンス:1ライセンスにつき、PC/iLokキー混在可能な3デバイスアクティベーション


 

ページトップへ